ホーム>音楽が子どもに与える影響とは

音楽が子どもに与える影響とは

音楽が子どもに与える影響とは

当社は神奈川県を拠点とし、小学校中学校高校などの音楽鑑賞会企画・制作するイベント会社です。
音楽に触れることは、子どもたちの成長過程において様々な良い影響を与えます。

言語能力の向上

音楽が子どもに与える良い影響にはまず、言語能力の向上が挙げられます。子どもたちは音楽を通して言葉を聞く力を身につけ、新しい言葉を知り、滑らかに発音するようになります。音楽は様々なメロディやリズムで構成されているため非常に複雑です。

そのような複雑な音の羅列である音楽をシャワーのように浴びることで音を聞き取る力が向上し、自然と言語能力の向上に繋がるのです。日常的に音楽に触れている子どもは、そうでない子どもに比べて獲得する語彙数が多くなったという報告もあるようです。

協調性が身につく

学校で歌を歌う時は、クラスメイト全員で合唱することに加え、他の人とパートを分けたり、リズムを合わせたりすることが求められます。
こうした音楽を楽しむための共同作業は、協調性が身につくことに繋がります。

音楽を通して、グループで何かしらの目標を達成するために努力し、その目標に向かって協力し合う流れは、子どもたちの協調性を大いに育みます。

知能の活性化

子どもたちの脳は大人の予想もできない速度で発達しています。特に小学校低学年以下の子どもの脳は発達が著しく、たった1年で同じ人物かと見まごうほど成長します。そのような時期に音楽を聴くと、様々な刺激を得て脳の反応が早まります。

この様々な刺激こそが、子どもたちの知能の活性化に寄与しているのです。さらにこの時期活性化した知能は生涯学習を続ける限り継続されます。

音楽で一生の宝ものを与えるチャンスは、残念ながら脳の成長過程である子どもの時期に限られています。学校での音楽の授業と併せて、一流のアーティストによる国際色豊かな音楽鑑賞会を取り入れませんか。子どもたちがこの時得た経験は、生涯を通して財産となるでしょう。

神奈川県にある当社では、学校での音楽鑑賞会に一流のアーティストを派遣しています。サンバやボサノバ、アフリカ音楽などを奏でるアーティストを中心として、小学校や中学校、高校の音楽鑑賞会を盛り上げます。音楽鑑賞会の企画にお困りであれば、経験豊富なスタッフが企画をご提案いたしますので、まずはお気軽にお問合せください。