ホーム>アフリカ音楽に欠かせない楽器について

アフリカ音楽に欠かせない楽器について

アフリカ音楽に欠かせない楽器について

当社の企画で人気のアフリカンエキスプレスでは、本場のアーティストによる本物のステージをお楽しみいただけます。アフリカ音楽を奏でるには、本場アフリカで発展してきた独自の楽器が欠かせません。

日本ではなじみの薄いアフリカ楽器や、アフリカンエキスプレスでもおなじみの楽器をご紹介します。

ジャンベ

ジャンベは、木をくりぬいてヤギの皮を張った片面太鼓です。コートジボワールをはじめ、ギニアやセネガル、ブルキナファソ、マリなどの西アフリカ一帯で最もポピュラーな太鼓がジャンベです。ウエストがくびれた形をしているのが特徴的で、現地では結婚式や祭礼などで演奏されるのが一般的となっています。このジャンベは現在、プロからアマチュアまで世界中の人々に演奏されているアフリカ楽器の1つでもあります。

トーキングドラム

トーキングドラムとは、西アフリカ地域で考案された太鼓です。脇に抱えロープの張りを調節することで、音程に高低をつけ独特の音色を奏でます。アフリカの太鼓の多くは通信手段として生み出されており、トーキングドラムも例外ではありません。トーキングドラムは、ナイジェリアではドゥンドゥン、ガーナではドンド、セネガルではタマと呼ばれています。

カリンバ

カリンバは、並んだ細い鉄板を指で弾き音を奏でる楽器です。カリンバは作る人の個性で大きさ・形・板の数も異なるため、カリンバによってキンキンと鳴ったり、ボンボンと鳴ったり音色は様々です。

しかしどの音にも共通して言えるのは、アフリカをイメージさせるエキゾッチクな力を持っていることです。ちなみにオルゴールは、カリンバにヒントを得たヨーロッパ人が作ったものと言われています。

神奈川県にある当社は、老若男女問わず全ての方に喜んでいただけるステージの企画・制作・演出を行うイベント企画会社です。他のイベント企画会社にはない案を、依頼者様のご希望・ご要望に沿ってカタチにし、芸術鑑賞会などを含めた様々なイベントを盛り上げたいと考えています。

アフリカ楽器を用いたアフリカ音楽や民族舞踊マジックなどのパフォーマーの派遣も可能ですので、楽しく盛り上がるイベントにするためのイベント企画会社をお探しであれば、ぜひ当社にお任せください。