ホーム>中学校向け>音楽

音楽

アフリカンエキスプレス

「世界は友達!」というテーマを確実に体現する唯一無二のグループ

  • 厚生労働省社会保障審議会推薦 児童福祉文化財
  • 文化庁本物の舞台芸術体験事業参加
  • タンザニア大使館推薦

厚生労働省社会保障審議会推薦の児童文化財に認定され、2008年度以降の文化庁「子どものための優れた舞台芸術体験事業」に参加している、究極の国際交流グループ。民族音楽結成20年、学校公演、おやこ劇場でなどでの民族音楽公演の草分けであり、名実ともにトップレベルのグループです。

現在1500校あまりの小・中・高・養護学校やおやこ劇場、ホール公演、自治体の国際交流イベントに出演し、また大使館と連動して全国の国際理解イベントなどでも活躍しています。アフリカの伝統曲からモダンなアフリカンポップスまでレパートリーは多彩で、会場全体で歌ったり踊ったりする参加型のプログラムでとても盛り上がります。

メンバーは、タンザニアのヒットチャートで4回NO.1になった国民的歌手フレッシはじめ、 同じく同国で有名なピアニストのリスタ、セネガル国立バレエ団のトップダンサーのアブドゥなど、一流のメンバー達です。

アフリカンエキスプレス

2010年2月にタンザニアで行われたアフリカ大陸有数の音楽フェスティバル「ブサラ音楽フェスティバル」に参加。ベストパフォーマンス賞に輝く。日本人とアフリカ人との完璧な融合グループとして高く評価されました。現在日本では、毎年4万人ずつ外国人が増えています。これからますます個人でも国でも国際理解、国際交流が必要になってきます。

 

プログラム 

生徒さんの意識を世界に広げ、世界を身近に感じるきっかけを作る最良のプログラムです。ご予算にあわせて、2〜4名編成のパーカッションバージョンから、6〜7名編成のバンドバージョンまで柔軟に対応します。

プログラム例

201561219856.JPG
  • ワンビア(コンゴのサッカーチームの応援歌)
  • ポレポレ(スワヒリ語で「ゆっくり、ゆっくり」という曲)
  • メンバー紹介、国や楽器の紹介
  • ンブワ(アフリカンマリンバの曲)
  • アフリカンダンスレッスン(生徒さん参加)
  • マイシャマズリ(人生がんばろう!という元気な曲)
  • タイファ(親指ピアノ:カリンバの曲)
  • 船が出る(一緒に歌いましょう!)
  • マライカ(とても有名なスワヒリ語の「天使」という曲)
  • ジャンボ(スワヒリ語で「こんにちは」一緒に踊りましょう!)
  • アンコール

アフリカンハートビート

コンゴ伝統音楽&ダンスの強力なグループです

アフリカの中でも特に音楽が盛んで、ダンス音楽で世界的に有名な「リンガラ音楽」をはじめ、伝統音楽でも多彩なスタイルを持つコンゴ民主共和国からやってきた、コンゴ伝統音楽&ダンスの強力なグループ。
『アフリカンエキスプレス』に続くアサンテプラン独自のアフリカ企画“第二弾”として大いなる期待を寄せられている『リンゴマ』の紹介です。

代表的なラテン楽器のコンガの原型の「ンゴマ」

ンゴマ

ンゴマ

カウベルの原型の「ンゴンギ」を主として

ンゴンギ

ンゴンギ

歌と踊り、時にサックス、ギターも入りブルースやジャズ、サンバのルーツなる音楽を奏で教育的にも非常に興味深い内容になっています。曲やダンスなどメニューもバラエティーに富んでいます。

 

コスチュームも凝りに凝っていて、孔雀の羽やコンゴの伝統的な布で作られたカラフルな衣装が何種類もあり、ステージ毎にチェンジ。メイクも派手にほどこしビジュアル的にもインパクトは絶大!強力なビートで会場を圧倒、ダンスの参加コーナーもあり、小さい子からお年寄りまで、生徒さんも先生も大いに理屈抜きに楽しめます。

リンゴマ
リンゴマ
リンゴマ

出演3人〜4人。

ブラジリアンフレンズ

ブラジル大使館後援のブラジル文化交流グループ

201551021151.JPG

サンバ、ボサノバの音楽をはじめカポエラ(ブラジルの伝統格闘技)コーナー、サンバダンサーも入り、一日でブラジル文化通になれるプログラムです。

サンバダンスの参加コーナーもあります。

プログラム

プログラム例

サンバダンサー
  • ブラジリアンフレンズオープニング
  • マシュケナダ
  • メンバー、国、楽器の紹介
  • イパネマの娘
  • カポエラコーナー
  • サンバダンス
  • ダンスレッスンコーナー
  • シーシーノノ
  • ブラジル
  • トリステーザ(アンコール)

ロス・ラティーノス

国際交流と国際理解をポイントに置いたグローバルなステージを展開

ロスラティーノス

リーダーのジョナタス・テージョが、ペルーの音楽大使として日本に招かれ、その後フォルクローレグループ「ロス・ラティーノス」を結成し、日本での本格的な演奏活動に
入りました。

日本ではNHK、BS放送をはじめ各局のTVに出演し、高校では国際交流と国際理解をポイントに置いたグローバルなステージを展開しています。

プログラム

プログラム例

ロスラティーノス
  • 太陽への道
  • 花祭り
  • コンドルは飛んでいく
  • コーヒールンバ
  • ランバダ
  • 一緒に踊ろうタイム 等

ラティーノ楽器出演者の流長な日本語の解説が付き、ダンサーがアンデスの簡単なダンスを披露いたしますので、
皆さんもご一緒に踊りましょう!